• 名前シールがあるととても楽です

    • 入園の時期になると入園準備品の購入で忙しくなる。
      すべての物に名前をかくのが大変だ。そこで名前シールを効果的に使おう。


      パソコン専門店で名前シール用紙を購入し、印刷すれば簡単に出来上がる。保育園や幼稚園入園の場合はひらがなの名前シールがいいだろう。
      イラストを入れる技術があれば入れておこう。

      低年齢だと自分の名前がまだ分からない子どもが多い。


      イラストだと自分のものといった目印になるのでお勧めだ。


      洗濯する物になると名前シールでははがれてしまう。

      油性のマジックで直接記入するのが一番わかりやすい。
      サイズアウトした後に譲るあてがあったり、直接名前を記入したくない場合にはマスキングテープがお勧めだ。

      服のタグに直接張り付けマスキングテープに名前を記入できる。

      マスキングテープなら洗濯にも耐えられるし、はがしてしまえば名前の記載がなくなる。
      男の子の場合その子で使い古してしまうことが多いが物を大事に使える女の子ならマスキングテープ作戦で次の兄弟にまわしたり、知人友人にお古をもらってもらえるいい状態を維持できる。小学校になると算数セットが大変である。


      算数セット専用の名前シールもあるのでこちらを使うときれいに仕上がる。
      名前ハンコも注文できるのでおはじきなどは名前ハンコを併用して使うこともいいだろう。


      物に名前をかくということは無くなった時に目印になるためだ。


      その目印が使っていて消えてしまわないように、また消えたらすぐに名前を記載することも大切だ。
      園や小学校にもよるが共通の物ならなおさら名前を書いておかないとうっかり隣の席の子の物を使っていたりする。
      低年齢ならよくあることだ。

      自分が気をつけていても隣の子がよく間違える子である場合もある。
      そんな時にトラブルにならないようにしっかり名前は記載しておこう。名前シール、名前ハンコなどどんな形でも子ども自身がしっかり分かるものがいい。また名前付けが終わったら一度子どもに見て知らせておくようにしよう。子供が幼稚園や小学校にあがる前になると、必ず、あれこれ準備に追われて大変になります。

      給食の袋や、通園のバッグ、図書のブックカバーなど、せっかくだから、子供が選んだお気に入りの布で手作りをしたいと思うのですが、これがなかなかの時間と労力がいるものです。そして、一番大変なのが、備品のひとつひとつに名前を書くことです。


      子供が幼稚園や学校へ持っていくものすべてに名前をつけなくてはなりません。

      小さなマジックで書くこともできますが、大変な作業です。
      そこで、最近は自家製のオリジナル名前シールを作る人が増えてきました。
      その子しかないオリジナルの名前シールはいわば自分のシンボルマークのようなものにもなりますから、子供が自分のものだと認識するのにもよいようです。

      そして、今はパソコンで好きなデザインをダウンロードし、子供の名前を書き込み、専用の名前シール用紙にプリントするだけで、あっという間にできてしまいます。
      もちろん、シールの大きさもいろいろあり、一度にたくさんの名前シールができるので、一回作っておけば、しばらく持ちます。名前シール用のプリント用紙を購入すると、そこに専用のダウンロード先が記載してあり、かわいいオリジナルを作ることができます。


      プリントも自動でずれないようにできますので、あとは出来上がった名前シールを備品に貼るだけになり、とても簡単です。


      また、パソコンで作って印刷までするのが苦手だったり、その時間もない人は、名前シール作成のインターネットサイトが多数あります。


      子供の好みにあわせて、いろいろ絵柄や文字の形を選ぶことができ、すべてサイトでやってくれるので、あとは発送されて手元に届くのを待つだけです。

      価格もそこまで高くないので、どうしても時間がない人はそういうサービスを利用してもよいでしょう。

      子供が小さいときしかできない手間はたくさんあります。

      確かに大変ですが、それが子育ての思い出として親としてもよい思い出になるものです。



      自動車のリースとの上手な付き合い方をお知らせします。



      浦和で美容室のホームページをチェックしましょう。

      個人輸入に関する情報収集をサポートします。

      http://smany.jp/3151

      https://4meee.com/articles/view/308926

      http://www.47news.jp/47topics/e/279346.php

  • 関連リンク

    • 人事コンサルの裏話

      人事コンサルとは、企業が抱え込んでいる人的資源をいかに有効に活用するかをサポートすることであり、そのための企画を立案することが主な仕事である。企業にとっての最大の命題は、費用対効果ということであり、余剰人員の削減ということである。...

    • 今後ビジネスを行う上で重要なのは

      今後のグローバル化の進展や高齢化などに伴う日本国内の今後の市場低迷が予想される中においては、特に今後ビジネスを行う上で、どのような基本能力が必要になるのかということを、日々考えなければならない状況になっているといえます。こうした中で、今後ビジネスを行う上で、特に重要であると言えるのが、「英語」「IT」「会計」の3つです。...