• 人事コンサルの裏話

    • 人事コンサルとは、企業が抱え込んでいる人的資源をいかに有効に活用するかをサポートすることであり、そのための企画を立案することが主な仕事である。

      企業にとっての最大の命題は、費用対効果ということであり、余剰人員の削減ということである。


      それを推進するためにも、人的資源の開発と有効活用は欠かせない企業戦略の一旦となっているのである。

      それを支援するのが人事コンサルの役目なのである。


      ヒューマンリソース、つまり人的資源ほど企業にとって有用な財産はないといっても過言ではなく、それをいかに使いこなすかに企業の将来性がかかっているといってもいいのである。と同時に、いかに人事コンサルの持つ役割を理解しているかが今後の発展にも影響してくるのである。
      人事コンサルの仕事の第一歩は、クライアント企業の人事と組織の仕組みを理解することから始まる。


      具体的には社員へのインタビューやアンケート調査によって情報収集を行い、企業の現状の問題点などを把握するのである。


      その分析結果をもとに、人事戦略を練り直し、新たなプランを提案するのだ。明らかになった具体的な課題について、そのアクションプランを作成し、ガバナンスの体制構築と報酬制度の整備などについても企画提案していくことになる。

      また人材の評価基準についても新たに策定し、それにともなう評価制度や報酬制度を見直し、人材育成のための教育制度までをプランに組み込むのが、人事コンサルの役目となる。
      人事コンサルにとって最も重要なのは、経営陣や顧客企業の社員をも巻き込んで、組織的に運用ルールを軌道にのせていくことではないだろうか。クライアント企業全体の問題として捉えることが重要であり、その視点がない限り、人事コンサルの活用は不十分なものとならざるを得ないのである。


      このような人事コンサルの活用によって、新たな人材の獲得にもつながり、それによって企業全体のパワーアップが期待されるのである。

      一日二十四時間ある中で、従業員の労働時間を精確に管理できる勤怠管理の技術がここ数年で大きく進化しています。
      今までアナログな手法で勤怠管理を行っていたのならば、一度勤怠管理の仕事をアウトソーシングしてみることをオススメします。
      勤怠管理のシステム化が整うことで、企業はペーパーレスなやり方で従業員を管理することができます。


      雇用形態が複雑化する昨今では、一分単位で従業員がどこでどのような仕事をしているのかを知る必要があります。
      その仕事の内容と働いた時間が従業員の給与に反映されるので、勤怠管理はどこの企業でも行わなければならない仕事ですが、クラウド化することで遠く離れた場所からでも従業員の雇用を管理することができるようになるので、余計な人件費の削減にもなるのです。

      たった一枚のICカードを従業員一人一人に配るだけで、あとは機械が自動で集計をしてくれます。


      管理する側としては、そのデータをパソコン上で読み取るだけになります。
      計算がすべて完了している状態で勤怠管理をすることができるので、今まで膨大な時間をかけてきたのならば、そのような時間を大いに省略することが可能になります。
      さらに機械が自動で仕事を行ってくれるので、人件費がかからないのです。


      このようなシステムは一度導入してしまえば永久に運用することができるので、企業側としてはシステム導入の際に料金を払うだけで、大幅な経費削減と労働の効率化が行えるのです。


      勤怠管理がシステム化されることのメリットは大きいです。無駄な仕事が大幅に削減されることで労働にかかる時間も節約され、人件費削減にもつながります。


      従業員一人一人に関しても、定時前に出社することができるので、プライベートを満喫しながら働くことができます。
      経営者にとっても従業員にとってもシステム化はメリットになります。
      まだ導入していないのならば、できるだけ早く導入することをオススメします。導入が早ければその分、経費も少なくすますことができるからです。

      自分に合ったバーベキューの焼肉の価値ある情報を探してみてください。

      コウモリの退治について詳しく書かれています。

      お手軽に羽田空港近くのレンタカーについての情報です。

      イタチ退治にはこちらのサイトが最適です。



      http://okwave.jp/qa/q6733671.html

      http://matome.naver.jp/odai/2139391629918313701

      http://getnews.jp/archives/759358

  • 関連リンク

    • 人事コンサルの裏話

      人事コンサルとは、企業が抱え込んでいる人的資源をいかに有効に活用するかをサポートすることであり、そのための企画を立案することが主な仕事である。企業にとっての最大の命題は、費用対効果ということであり、余剰人員の削減ということである。...

    • 今後ビジネスを行う上で重要なのは

      今後のグローバル化の進展や高齢化などに伴う日本国内の今後の市場低迷が予想される中においては、特に今後ビジネスを行う上で、どのような基本能力が必要になるのかということを、日々考えなければならない状況になっているといえます。こうした中で、今後ビジネスを行う上で、特に重要であると言えるのが、「英語」「IT」「会計」の3つです。...