• フォトブックは人生の宝物

    • いつの間にか、銀塩カメラが消え失せ、デジタルカメラのみの世界となってしまいました。銀塩カメラで育った世代の私にとっては、シャッターチャンスを狙い、カシャという機械音がした瞬間に、その時間を記録したという自負と、本当にうまく記録したのかという不安で、現像を依頼し出来上がるまでの数日間は、なんともいえない審判を待つ日のようで、出来上がった写真が成功したときの喜びと失敗してしまい取り返しのできないことをしてしまったという後悔とが、入り混じって写真のおもしろさと怖さを味わってきました。もちろんその頃のフォトブックは大切に保管しています。

      しかし時代は変わったのです。

      テレビであれ、出版物であれ、現代ではすべてデジタルなのです。
      それを知って、デジタルカメラを積極的に使うこととしました。デジタルカメラの楽しみの一つは、何と言っても子供の成長です。フォトブック情報をまとめてチェックしよう!日々変化する子供の姿を記録媒体さえあれば何枚でも記録として取っておくことができるというのは、デジタル時代だからこそでしょう。
      私はすでに子供の姿だけで、1万5千枚以上の写真をデジタル化としています。銀塩カメラで撮ったとすると、L版1枚30円としても45万円もかかるところをHDDに記録しておくことによって、HDD1つの料金で済みます。


      考えてみれば現像所の行為を自宅でできるということであり、それは革命と呼んでもあながち間違いではないと思います。


      私はHDDをデジタルフォトブックにして楽しんだり、デジタルフォトブックを母親に贈って、孫の姿をリアルタイムに近い形で提供していますが、母親も私も何かが足りないと感じています。
      それはやはり写真というものはフォトブックとして楽しまないと実感が湧かないのです。
      デジタルフォトブックは映像であり、写真ではないのです。
      今はフォトブックサービスという便利なサービスがあると聞いています。1万5千枚の中から選りすぐりの写真を選び出し、フォトブックとして手元に残し、また母親に贈りたいと思っています。


      人生には、一生で忘れられない、忘れたくない思い出というのが時々作られるものです。


      記憶の中に一生残っているだろうと思うようなことでも、かなり人間の記憶というのはあいまいなもので、意外と数年たってしまうとあの時の気持ちがどういったものかというのは、忘れてしまいがちなのです。

      ですから、写真を使ったフォトブックというものは、そんな大事な記憶の保護をするのにぴったりな役割を担ってくれるのです。写真を撮っておいてもついつい忙しくて、アルバムに入れておかないと、時期がずれてしまったり、放置してしまうということもよくあるものです。
      フォトブックを利用することで、その時の気持ちや、相手がどのような言葉を伝えてくれたかというような瞬間を切り取ったフォトブックが作れるので、当時の記憶がまざまざとよみがえるような気持ちさえ、手にすることができるのです。

      フォトブックは特に、結婚式であったり、子供が生れたりというような場面に最適なものとなります。

      子供が大きくなってから家族で、フォトブックを囲みながら楽しい会話ができるというのもいいものです。フォトブックに、どこに行ったというような場所の名称や、子供が初めてしゃべった言葉などを記載しておくというのも、楽しい思い出となります。
      フォトブックに関しては、ソフトカバーであったり、さらにしっかりとしたカバーを利用することなど、その時々の利用方法が選択できるので、非常に便利です。

      また友人の結婚式などにおいて、フォトブックをプレゼントするというのもとても喜ばれます。

      人生においての幸せを、フォトブックに封じ込めることによって、何年たってもその時の気持ちが思い起こすことができ、周りの人との語らいの場を盛り上げるということにもつながります。
      普段からいろいろと写真を撮りためている人に関しては、アルバムから一歩すすんだこちらの方法を利用して、自分の写真を見つめなおすというのもいいのではないでしょうか。

      分煙機の最新情報を公開しています。

      購入代行情報選びをサポートします。



      リムジンレンタルのことならお任せください。



      http://smany.jp/2081

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8745022.html

      http://qa-top.tsite.jp/faq/show/147?site_domain=qa-discas

  • 関連リンク

    • 人事コンサルの裏話

      人事コンサルとは、企業が抱え込んでいる人的資源をいかに有効に活用するかをサポートすることであり、そのための企画を立案することが主な仕事である。企業にとっての最大の命題は、費用対効果ということであり、余剰人員の削減ということである。...

    • 今後ビジネスを行う上で重要なのは

      今後のグローバル化の進展や高齢化などに伴う日本国内の今後の市場低迷が予想される中においては、特に今後ビジネスを行う上で、どのような基本能力が必要になるのかということを、日々考えなければならない状況になっているといえます。こうした中で、今後ビジネスを行う上で、特に重要であると言えるのが、「英語」「IT」「会計」の3つです。...