• 現在ビジネスを進める上で

    • 現在、ビジネスを進める上で、例えば、バリューチェーンの上流から下流まで、様々な細かいプロセスが精緻に組み立てられていることや、サービスの提供を1社で行うだけではなく、複数社でアライアンスを組みながら提供することも多いなど、ビジネスの構造は非常に複雑になってきているといえます。
      こうした複雑なビジネス構造であるがゆえに、様々な問題が発生することも多くあるといえ、そうした意味でも、問題解決を行えるスキルというものが、今後のビジネスを進める上では非常に重要になってきています。

      この問題解決のスキルとは、大きく3つのスキルから成り立っているといえます。

      1つは、何が問題なのかを見つけるという問題設定の能力です。


      ビジネスでは、原因と原因から発生する症例の両方が一遍に現れ、見分けがつかないことが多いので、根本原因となる問題をきちんと見つけてる問題設定能力が重要になります。2つ目は、問題設定を踏まえて、その問題の解決の方向性を立案するゴールイメージの策定能力です。
      問題をどのような形で処理するかというゴールイメージを練り上げることが次に重要な能力となります。そして最後は、この問題設定とゴールイメージを踏まえて、問題を説明し、ゴールに至るまで道のりを説得力を持って説明できる分かりやすいシナリオ設計力です。


      分かりやすく納得感のあるシナリオを作り、メンバーを巻き込んでビジネスを進めていくことも重要な能力であるといえます。個人輸入を代行する会社を経営する際の覚悟個人輸入を行うのではなく、海外のオンラインショップや現地ショップでお買い物をしたい顧客に対して、代わりに輸入手続き・お買い物を代行する代行業者が存在します。
      輸入を代行する会社を経営する場合には、一般的な会社を経営するのとは一風違った覚悟をしておかなければなりません。


      さまざまな形で起こりうるトラブルに対して、きちんと対応しなければならない覚悟です。

      一般的な会社経営であれば、一定の基準を設けていれば、その基準外のクレームやトラブルに対し、あらかじめ説明しておいたことですからとヒートアップを避けることができます。

      海外と日本国内を結ぶ役目を持つ輸入代行業者を経営するにあたって、トラブルに対処できるすぐれた能力・コミュニケーションは欠かせません。ただし、昔からオンラインショップを頻繁に利用していた経験があれば、多少起こりうるトラブルは把握できることが多く、実際にトラブルを経験し、自分自身で対処した経験を持つ人も少なくありません。つまり、輸入代行業者を経営する際には、荷物が届かない、違ったものが届く、破損したり使えなかったりする商品が届いたといった、あらゆるタイプのトラブル対処の覚悟だけでなく、日ごろから海外のオンラインショップやお買い物を身近に感じられるような生活を送っておくこともポイントになります。


      自分で自ら学んだトラブル回避法や解決法は、輸入代行業者の経営に役立つだけでなく、代行する顧客のためにも大いに活用させることができるからです。



      国内の格安航空券情報が様々な条件で検索可能です。

      イタチ駆除をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

      猫の駆除の新しい情報です。

      オンリーワンの個人輸入代行は絶大な支持を受けています。

      http://okwave.jp/qa/q7660611.html

      https://allabout.co.jp/gm/gc/462939/



  • 関連リンク

    • 人事コンサルの裏話

      人事コンサルとは、企業が抱え込んでいる人的資源をいかに有効に活用するかをサポートすることであり、そのための企画を立案することが主な仕事である。企業にとっての最大の命題は、費用対効果ということであり、余剰人員の削減ということである。...

    • 今後ビジネスを行う上で重要なのは

      今後のグローバル化の進展や高齢化などに伴う日本国内の今後の市場低迷が予想される中においては、特に今後ビジネスを行う上で、どのような基本能力が必要になるのかということを、日々考えなければならない状況になっているといえます。こうした中で、今後ビジネスを行う上で、特に重要であると言えるのが、「英語」「IT」「会計」の3つです。...